作ったHPを公開するには?サーバーの準備方法

サーバーのレンタル方法

HPを作成したら、インターネット上に公開する必要があります。そのためにはサーバーをレンタルします。サーバーとはHPの家のようなもので、家を借りてそこにHTMLと言う荷物を置くと言うイメージです。それによって世界中の人にHPを見てもらう事ができます。それではどうやってサーバーを用意するかと言うと、サーバーをレンタルする会社があるのでそこから借ります。レンタルサーバーには有料と無料のものがあり、有料は容量も大きく他者の広告も入らないためお店の宣伝HPを作りたいと言う方にはオススメです。料金も月額100円代からあり、そこまでスペックを求めないのならば低額でレンタルできます。一方無料サーバーは有料に比べ容量が小さく広告が入ります。とは言ってもそこまで大きなデータを扱わないのなら問題ありませんし、最近は目立たない広告も増えてきています。

サーバーにHPをアップロードするには

サーバーをレンタルしたら次は作ったHPファイルをアップロードする必要があります。これにはFTPクライアントソフトと言う専用のソフトを使用します。ソフトは検索すれば無料のものが公開されています。FTPクライアントソフトは言わばインターネット上の乗り物のようなもので、これに乗せてHPファイルをレンタルサーバー上に運ぶと言う感覚です。FTPクライアントソフトの設定はレンタルサーバー毎に異なりますが、サーバーの会社毎に説明が載っているのでそれを参考にしましょう。また、レンタルサーバーの会社によってはブラウザでファイルをアップロードできるようになっている所もあるので、サーバー選びにはそこも考慮すると良いです。

イベントなどをPRするならHP制作をすることで情報発信をすることが出来ます。世界中からのアクセスが期待できるので宣伝効果もあります。

© Copyright Beautiful Content. All Rights Reserved.